写真

今に感謝できるか。

Posted on 2015年1月9日

自分は独立をする前、会社勤めをしていた。その会社には新卒で入社。同期はいない少人数のベンチャー会社に勤務。少人数のため、一人ひとりに任せられる責任も仕事量も多く、いつも忙殺されていた。始発、終電の日々。時間だけでは、誰よりも会社にいた。
本当に毎日のように怒られていた。自分の仕事のできなさを痛感し、自己嫌悪。上司ともうまくいかず、どんどん心も身体も疲弊していった。当時は、一時期、毎日出社するのが苦痛で、朝無理矢理、音楽をかけて奮い立たせて出社。日曜日の夜は、サザエさん症候群になり、涙する日もあった。その会社は結局2年半で退社。

写真
あれから、5年が経った。今思えば、本当にあの会社に入ってよかったと思う。忙しかったし、めちゃくちゃ怒られていたし、上司への憎しみがあったけど(笑)でもその上司のおかげで、仕事の基本ができた。

冒頭に書いたけども、「時間だけでは、誰よりも会社にいた」。そう、本当に時間だけなのである。時間に対して、その会社に貢献したか?と問われると、NOである。でも、お給料をもらっていたし、こんなにがんばっているのに、ボーナスでないのかと本気で思っていた。

独立して、そんなことを考えていた自分の甘さを恥ずかしく思う。お給料やボーナスを支払えるのは、会社にお金があるから。売上がなければ、会社は継続できないし、社員にお給料やボーナスを支払うことはでいない。
その売上を自分は作れてたか?と聴かれたら、NOである。もちろん事務仕事という面では貢献していた。けど、意識が甘かったと独立して痛感した。

全然、仕事ができない新卒を雇い入れてくれて、育てていただいたこと、本当に感謝でしかない。
今の自分を作っているのは、間違いなく、その会社に入ったおかげだなと思う。

なかなか、今が辛いとき、大変なとき、感謝の気持ちが芽生えにいくいと思う。でも、不平や不満、愚痴ばかりこぼしていたら、成長はしなくなると思う。

頭の片隅に感謝の気持ちを持とうとする心があるだけで、違うと思う。

逆に、自分は代表という立場である以上、今度は一緒に働いてくれる子たちの気持ちももっとみないとな、とも思う。
2015年も始まりました。今年も、どうぞよろしくお願いします。

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>